VIPエレキバン

漢方、お灸(東洋医学)、ツボ、気孔はすべてハッタリ

   

1289733i


過去のおすすめ記事の再掲です


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:24:17.22 ID:
zlMcJJEP0

調べれば調べるほどにハッタリ

さすがに、「家の前に目の絵を貼ったら○○に効く」
みたいな明らかにアホ丸出しの
東洋医学は消えたけど、
そういうのと同じライン上に漢方やお灸があったんだぞ

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:27:12.15 ID:69i7/OdJP

☓はったり
○プラセボ

おっしゃる通りアホには効くのよ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:28:16.73 ID:hrGKOJMO0

はったりでもそれでどうにかなったんだなあ かつを

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:27:14.49 ID:

zlMcJJEP0

漢方じゃ、男児のションベンで似た卵は○○に効く、
とかのレベルだからね、いまだに

さすがに日本には入ってこないけど

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:30:45.86 ID:yTjBmU9xP

別にいいじゃんアホでも効くなら
何でもかんでも切り落とせばいいなんて嫌だよ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:35:28.11 ID:DxYGtGsq0

効くならいいんじゃね?
大して副作用もないだろうし

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:36:56.22 ID:

zlMcJJEP0

>>10
そういうのは医療品として出すのはアウトだよねってことだ

趣味でやってるぶんにはかまわんよ

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:37:13.06 ID:ozuWdIsjP

いや、日本薬局方に入ってるよな
漢方薬の有効成分とか科学的に有効性分かってるからさ
合剤みたいなもんだ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:40:09.25 ID:

zlMcJJEP0

>>13
そもそも胡散臭いんだがなぁ

キノコとタケノコを干して調合したら○○の薬になります、
とか信用できる値に達してない

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:43:18.11 ID:yTjBmU9xP

>>14
西洋医学だって効くか効かないか良くわかんないもんが
堂々と流通してるなんてのはザラにあることだし
医学って科学の中で結構特殊な位置にあるもんだからなぁ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:25:53.13 ID:2E2ZJbRMP

ツボ=マッサージ


http://ja.wikipedia.org/wiki/経穴

経穴とは、中医学、漢方医学の概念で、
体表の特定の部位に指圧、鍼、灸で刺激を与えることで
体調の調整、諸症状の緩和をはかるものである。
一般にはツボとも呼ばれる。

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:33:39.56 ID:yR4BKEi70

よし、鍼はセーフだな!


http://ja.wikipedia.org/wiki/鍼

鍼もしくは鍼治療とは、主に中国医学や
その影響を受けた伝統医学の理論に基づいて
専用の鍼(針)を経穴刺入または接触し、
皮膚・筋肉、心経などを刺激することにより
生理状態を変化と疾病症状の緩和を謳う民間療法、
代替医療である。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:43:57.78 ID:PCzXQ6Mt0

葛根湯だけはガチ


http://ja.wikipedia.org/wiki/葛根湯

葛根湯は、漢方方剤の一
原典には、葛根と麻黄を先に煎じ、
後から他の生薬を加えてさらに煎じるとされている。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:22:25.39 ID:p6qfApKd0

冬虫夏草はなんでもてはやされてるの?


http://ja.wikipedia.org/wiki/冬虫夏草

生薬として健肺、強壮効果、抗がん効果があるとも言われ、
薬酒を作る材料として、また、健康食品としての
エキスを抽出するのにも利用される。

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:45:20.32 ID:yR4BKEi70

お灸は温熱療法
鍼は筋緊張の緩和や血流促進
これで分かる?

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:47:02.97 ID:JTNLgRCL0

ウィルスには抗生物質って効かないんだよな?
なら漢方で栄養つけたりした方がいいんじゃね

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:48:46.42 ID:

zlMcJJEP0

>>20
それだと薬じゃなく栄養補助食品として出すべき

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:44:43.96 ID:ozuWdIsjP

ちゃんと科学的に実証されてれば胡散臭くはないだろ
薬の起源考えれば、アスピリンもペニシリン天然物から
有効成分を抽出したようなもんだし、
天然物から薬効成分を取り出したり手がかり得ようとする研究は
いまだに大学の研究室でもやられてる

ちゃんと科学的な考察せずに「胡散臭いから」
で切り捨ててしまったらおまえも同レベル

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:46:44.92 ID:

zlMcJJEP0

>17
あのさぁ、まともな薬は、成分がどう結びついて
どういう作用があるかとか化学式で公開してるんだよ

逆に東洋医学はママゴトレベル、  
「副作用がほぼない」ってのが「効き目なんてない」
ってことをあらわしてるんだよ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:51:11.33 ID:

zlMcJJEP0

>>22
でもまともな検証はされてるみたいだよ

漢方でまともな科学的な分析ってやってるのかね?

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:55:52.60 ID:ozuWdIsjP

>>23
やってる
分析機器がこんだけ発達してるのに、
漢方薬に含まれる薬効成分単離して作用機序調べようとする
研究者が出ないはずがないだろうよ

俺は昔薬の開発の研究をしてたが、中国あたりの学会行くと
「漢方薬の~という成分は~」って発表してる研究者が結構いたよ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 21:00:56.51 ID:

zlMcJJEP0

>>27
そういうデータが発表されてるサイトない?

wikipediaを見る限りじゃ、東洋医学側の人間ですら、
効果を証明するのはかなり渋ってるみたいだよ

http://ja.wikipedia.org/wiki/漢方医学

現代においては、中華人民共和国及び中華民国を除く
ほぼすべての国における医療制度はこれを標準としており、

中国と台湾以外ではほとんど西洋医学を頼ってるみたいだよ
効果があればもっと漢方に頼る人いそうなのにおかしいね?

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:01:52.13 ID:yTjBmU9xP

>>33
科学を何だと思ってるんだ

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:07:23.52 ID:ozuWdIsjP

>>33
俺は薬しかわからんが、薬局方に入ってる漢方薬なんて
有効成分ググれば出てくるやん
成分抽出物が普通の薬剤として存在してるし

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:04:43.01 ID:60CE0fX3O

中世の西洋医学は無意味に浣腸したりしたんだろ?
中世なら漢方の勝ちだよ

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:13:02.90 ID:ccnRTaTT0

数百年前のヨーロッパとかマトモな治療出来る医者が
居たかすら怪しいレベルやろ

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:14:27.18 ID:yTjBmU9xP

>>50
まあ治療に斧を用いることがあった時代だね

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:32:58.28 ID:Nc3nFhcp0

薬に関して言えば単純に自然物を利用したのが漢方で
有効成分のみを利用したのが西洋医学だろ?

なんで漢方にはこういった成分が欠片も含まれていないから
嘘とか論理的な会話ができないのかね
ソース()

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:35:33.22 ID:63flVtWyO

>>66
有効成分とか効能のメカニズムはよくわかんねーのに
再現可能性はあるんだよ東洋医学。
だからオカルトに入れたくても入れられない
漢方もヨガも、あとあんまりよくない例だけど
大麻も本来はこちら側のものだな

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:08:41.65 ID:60CE0fX3O

でもさ
鼻がつまったときはさ
市販の点鼻薬より葛根湯が効くんだぜ
そしてブラックフリスクはもっと効く

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:09:19.81 ID:+tfGyUJt0

>>43
わかる

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/08/05(月) 20:56:38.05 ID:

zlMcJJEP0

ところでさぁ

西洋医学を勉強する大学はあるけど、
なんで東洋医学を勉強する大学はないの?

その辺り、まともな頭があればだいたいわかりそうなもんだけど‥

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:59:41.43 ID:ozuWdIsjP

>>29
薬剤師の国家試験では漢方薬とか普通に試験に出る
英語名(ラテン語名)、どういう症状に使うか、
有効成分、その構造式、併用禁忌とか覚えたよ
もう忘れたけど

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:10:14.54 ID:ccnRTaTT0

マジレスすると東洋医学って基本的に投薬だから
医学部より東洋医学に強い薬学部抱えてる大学は結構有る
たしか富山大学の薬学部は漢方・東洋医学に関しては
めちゃくちゃ強かった気がする

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 20:59:25.75 ID:QcIfO6zP0

まあアレだ
物凄く大雑把に言うとだな
熱が出るのは体の抵抗力の証なわけだよ
それを陽気と呼ぶのよ
その不足が病を呼ぶのよ
だからその陽気を自力で発生させて治しちゃおうってのが
気功なわけですよ、うん

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:02:29.76 ID:60CE0fX3O

>>31違うぞ
陽が溢れれば陽の病になる陰が溢れれば陰の病になる
調和こそが正解

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:48:27.21 ID:QcIfO6zP0

でもツボって武術家も使うよな
攻撃的な意味合いで

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:52:23.50 ID:yR4BKEi70

>>70
要は刺激量が過剰か適切か
毒にも薬にも……というのと一緒

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/08/05(月) 21:11:45.05 ID:yTjBmU9xP

Q.長生きをするにはどうすればいいですか?

二千年前の中国医学「んなもん炭水化物を取りすぎないで肉も野菜も食って程々に運動する以外にねえよ」

数百年前の西洋医学「ちょっとわかりませんね」

現代の西洋医学「我々が数百年かけて研究を重ねた結果、適切な栄養バランスと運動が最も効果的という結果が出ました。我々の理論は独創性に満ち溢れ非の打ち所はない!」(キリッ)

「うつ」は漢方でなおす―医師が教える「心と体の不調」の改善法
お灸のすすめ―一回のお灸で必ずからだはかわっていく
プロが教える東洋医学のすべてがわかる本

元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1375701857/

2013/08/07 08:00

「科学」

 - ccn