VIPエレキバン

現代人100万人を原始時代に送り込んだら何年で現代文明を作れるの?

      2017/11/12

1289733i


過去のおすすめ記事の再掲です


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:40:12.14 ID:tPvZPkT0O

一般人だったら技術と専門知識が無いから無理じゃね?

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:40:47.68 ID:WHeQYL2u0

送り込んだ世代が死んだらそこで終わりじゃね?

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:41:03.66 ID:trEcqxla0

最初の1年を過ごせず大半が死亡することが予想される

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 01:58:02.20 ID:5aGPZR490

サバイバル知識ある人が相当数居ないと最初の数日で餓死するよな。
一箇所に送り込まれたらどうあがいても食料不足で共食いする羽目になるだろ。

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:09:09.01 ID:G9RLJS/w0

前にやっぱり海外の番組で現代人に原始時代の生活を
1週間模擬体験させる番組あったけど
あっさりと半数が脱落してた、残りの半数も青息吐息
多分あっさりと8割が1月以内に死ぬだろうね


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:40:59.64 ID:+bsNcLds0

量じゃなくて質が重要

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:42:28.73 ID:RP+HRQHy0

どんなのを連れてくかによるな
そこらの誰かがやるから
技術は勝手に生えてくるから
と思ってる有象無象ばかりだと
すぐに詰む

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:42:56.38 ID:R1JYPrSv0

俺みたいのを100万人送り込んでも絶滅する
賢い人だったら・・・

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:44:28.18 ID:7LjeN0qK0

技術者・科学者だけを送り込んでも文明再建できるとは限らない

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:45:31.28 ID:+Kl5IoEo0

80万人の理系と20万人の文系を連れていけば文明はかなり発達する
20万人の文系はとりあえず労働力に使う

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:09:31.77 ID:mmJlMCgc0

文系とか理系よりも専門だろ
哲学科をたくさん連れてきたら邪魔だぞ
情報科だけ持ってきてコンピュータないなら邪魔やん

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:15:02.28 ID:/ty3F+nw0

必要な人

大工
医者
漁師
農家
狩人
裁判官的な人
行政をつかさどる人

文系理系はあまり関係ない

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 01:56:01.97 ID:BM44DjZ30

ファナックの人と新日本製鉄の人と軍需産業技術者、自衛隊員を数百名ずつ。
あと中小企業の部品メーカーのオヤジ大量。
あと化学肥料メーカー技術者に旭化成とかの化学製品メーカー。
農業従事者数千人に料理人少々。
自動車メーカーの技術者もいるか。これくらいで形にはなりそう。

ていうか難しいこと考えず、日本やアメリカの技術者と言われる人を
そのままの割合で100万人連れて行けばなんとかなるよ。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:45:23.99 ID:/ty3F+nw0

なんか最近読んだ本にポリネシア人は
1000年くらい前に各島に移住していったが、
ある島の者は文明を作り、ある島の者は狩猟採集生活を続け、
1000年後には文明の進んだ島がポリネシア全体を
征服するくらい武力に差が出てたって話だぞ
文明作るかどうかって置かれた環境によるんじゃねえの

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 01:42:30.25 ID:xHfoZ2wY0

鉄と石油を手に入れるまでが鍵だな

http://ja.wikipedia.org/wiki/鉄の歴史
http://ja.wikipedia.org/wiki/石油の歴史

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:42:33.73 ID:i6EhhfyC0

無理だろう
現代人は完成した物を使う事は出来るが自分で作り出せる人間なんて極一部

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:42:58.54 ID:VLwafbWE0

現代に使われてる資源が全く採掘・発見出来ずに全滅

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:48:15.00 ID:GSyfHweW0

石炭とか鉄とかを採掘してたのは
奴隷みたいな人たちだからなぁ

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:49:19.52 ID:+Kl5IoEo0

>>27
それは全部文系にやらせればいい

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:50:52.72 ID:3K5VTdaW0

>>29
文系を奴隷のように酷使できないから無理
近代の産業革命は黒人と労働者の犠牲が大前提だし

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:54:12.11 ID:3K5VTdaW0

古代文明は何百年も奴隷を使って完成させた
開拓・土木・治水工事の上で成り立ってたからな

知識だけで文明作れるならローマ滅んだあと文明衰退したりしない

http://ja.wikipedia.org/wiki/奴隷制

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:51:55.72 ID:SeRbTqvy0

原始人を奴隷として使えばいいじゃない

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:52:41.26 ID:G9RLJS/w0

>>36
マジレスすると恐らく武器も無しじゃ現代人が原始人に奴隷にされる

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:55:15.83 ID:SeRbTqvy0

>>37
松明押し付けてやれば泣いて帰順するんじゃね?

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:00:25.57 ID:G9RLJS/w0

>>39
どの程度の原始人かという問題はあるけど最低限火の利用は出来るだろ
じゃなきゃ人じゃねえww

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:00:02.69 ID:8vU6lrrI0

畜産農業のインフラゼロからじゃあすぐに飢えて大半が死亡するよな
狩猟採集時代の人口密度ってどんくらいだったんだろ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:15:56.42 ID:G9RLJS/w0

>>43
縄文時代日本で最も多い地方で300人/100k㎡くらいだそうだ
少ないとそれこそ同じ面積で10人未満とかもあるそうだ
主に植生と海洋生物利用の容易さで左右されるそう

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:02:46.73 ID:GSyfHweW0

ウイルスとか菌で全滅したりして

47 名前:ぺろぺろ紳士[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:07:39.87 ID:DhPtNNlt0

>>45だろうな。
たぶん水飲んだだけで大変なことになるんじゃないか?

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:14:04.03 ID:cpdXDl4/0

銃持って行っても弾切れたら猛獣にやられるだけ

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 02:15:22.93 ID:9wretTx20

>>52
銃もなかったら最初の猛獣にやられるよな
最初に出てきた奴をぶっ殺して毛皮や肉なんかをとって燻製して足場固めることができるだろ
骨なんかも原始的ナイフに使用できるだろうし、昔の大型肉食獣なら牙とか使い道ありそうだ

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:37:08.54 ID:hrPc9xHx0

いきなり100万も送り込んでも使い道なく餓死しそう
少数で基盤を作って徐々に入植する様にしないとな
少なくとも送り込む場所をかなり広くしなければいけない

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 05:01:40.56 ID:G9RLJS/w0

人間の徒歩による集落からの活動半径ってどれ位かね
それで利用可能土地面積が規定されるから一集落の養える人数が大体決まる
縄文時代の最も豊かな土地で300人/100k㎡だから行動半径10kmで300人と言うところか?

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 05:58:32.30 ID:mnadJ+w60

旧石器時代が200万年前当時に人間は100万人も居なかったと推測されている
現代人は今有る資源が無いと結局出来ることは旧石器時代に人間と変わらないので
20万人程度の石器時代に人間と100万人の現代人との間で争いが起こり
下手をすれば共倒れになって人類がそこで終わるんじゃないかと思う

運良く生き残っても逆にロスが出来て余計時間が掛かるような気がするんだよな

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:23:32.77 ID:sCPMIdWJ0

治安を維持できるかも重要だと思う
無駄に力だけ余ってるDQNが勢力を持つと正に世紀末

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:46:07.44 ID:fGGVjVKA0

仮に頭いい科学者連れて行ったとして
何日くらいで電気使えるようになるの?

電化製品作るのに何年かかるの?

http://ja.wikipedia.org/wiki/電気の歴史

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:50:54.40 ID:3K5VTdaW0

>>91
原始時代なら無理
電化製品の知識自体が伝えられずに消える
石版に残してても誰も理解できるはずがない
やっぱ教育も大事だな

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:50:19.19 ID:5aGPZR490

発電には永久磁石とコイルが必要だよな確か
電気抵抗の少ない銅の精錬って道具無しから始めたらどれだけ苦労するんだろう…

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 02:13:26.78 ID:w4mk+3Pti

持ち物をどの程度まで持ち込んでいいかにも依る気が…

もし手ぶらでだったら鉱物資源とかを採るための炭鉱とかの開発だけで
数世代かかりそうだし、第一世代の持つ知識の大半が子供へ受け継がれず終わる気がする

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 01:51:15.71 ID:iYs13+/s0

思想系はすぐに廃れ、複雑な技術も次の世代に伝わることはない。

医学の知識や、地理学などの生活に直結する知識の類は比較的長く伝わるかもしれない。

紙があれば情報の継承は可能だが、次の世代が正しく解釈する保証は無い。

結果的に最初の100万人が死亡して、子どもの世代に変わった途端に
文化レベルは原始時代とほぼ変わらないレベルになるんじゃない?

車とか飛行機とかの現代人の記憶は子供に伝えられる過程で神話の類になりそうだな

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:24:27.56 ID:G9RLJS/w0

農家も漁師も狩人も必要な道具や種子や餌や漁具や猟具がなければ
大幅に技能を制限されるから素人に毛が生えた程度まで効率が落ちるしな
1つの集落の人数を200人くらいにしないと結局歩いて食料集められる範囲の食糧が足りなくなって飢え死に

正直100万人という人数は足枷でしか無いわな

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:25:50.10 ID:/ty3F+nw0

道具は大工などが作れる
問題はどんな道具をつくればいいか、その道具をどの様に使うかだが、
そういう時に農家や漁師や狩人が役に立つ

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:31:51.03 ID:lPfPfLgO0

>>64
道具を作る道具も材料もない

技術や知識があっても最初は石器から始めるしかないと思うんだが

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:32:25.19 ID:G9RLJS/w0

>>64
大工も工具持ち込めなきゃ何も出来ないだろ
その工具も電動だったりした日には・・・

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:36:35.01 ID:/ty3F+nw0

>>66 >>67
最初に石器から始めるにしても
どんな用途の道具が必要か分かっていれば
より文明は早く発達するだろ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:40:35.58 ID:G9RLJS/w0

>>74
その知識が伝承出来ずに技術知識がロストする可能性が高い
多分相当頑張っても中世レベルで維持出来たら良い方

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:34:23.21 ID:G9RLJS/w0

医師も研修医漫画であったけど薬と医療器具がなければなーんもできんそうだよ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 02:36:25.19 ID:9wretTx20

>>72
医者っつーより、薬草とかのサバイバル知識もってる人のが役に立ちそうだな

正直、現代社会は「生き過ぎ」だ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:40:35.58 ID:G9RLJS/w0

>>73
前に文明崩壊後の世界という海外番組でやってたけど
現代工業力が崩壊した世界での医療行為はアルコールの蒸留と薬草利用が精一杯だそうだ

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:46:04.39 ID:w0TGVFc9O

産婦さんがいないと子供産めねーじゃねぇか
むしろ何の器具もなしに子供埋めるのか?
縄文人はどうしてたんだ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:50:42.69 ID:G9RLJS/w0

>>90
人型作って祈祷師に無事を祈らせて無事産まれたら人型を砕く

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 02:44:19.95 ID:w4mk+3Pti

結局手ぶらの場合は第一世代は精々縄文後期~弥生レベルで
それ以降もあまり劇的な変化は無い気がする…

とは言ってもフン族とゲルマン人によるローマ文明の破壊とか
キリスト教的価値観による科学的進歩の停滞無い分、子孫への情報伝達手段が
確保されてれば千年もあれば何とかなるかも

BC6世紀頃の地中海文面なら一世代で18世紀レベルまで上げられそう

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 02:44:24.05 ID:5aGPZR490

文字は解るんだから竹簡や木簡に字を掘り込めば中世レベルはなんとか
維持できるんじゃないか

220px-Phonizisch-5Sprachen

http://ja.wikipedia.org/wiki/文字

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/02/29(水) 02:45:34.62 ID:9wretTx20

文字が使えるってのは大きい
後に情報を残せるから社会の発展速度が高い

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 03:43:27.75 ID:SpSZJw4uO

俺は洞窟に動物擬人化した美少女描くよ

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 03:28:18.47 ID:G9RLJS/w0

結構大きな境目の技術として車輪が作れるかどうかがあるだろうな
人類の最も偉大な発明にあげる科学者が多いし

http://ja.wikipedia.org/wiki/車輪

100 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [] 投稿日:2012/02/29(水) 03:31:52.76 ID:PCYAQUNT0

>>99
知識と文字があるならば第三世代くらいには出来そうな気がするな

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 03:36:52.15 ID:G9RLJS/w0

>>100
これがあると輸送と水車風車が出来るんだよな
大幅な生活の改善が見込める

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 03:52:24.91 ID:SpiBYb+IO

まず、餓死で全滅しないように、100万人をかなり分散して送り込む

石、骨、皮、植物の加工により、原始的な道具の入手

当面は道具の入手、水と食料の確保につとめる

土地の開墾を開始

農地と栽培種の開発

伐採した木材、土を加工することで、集落の基礎施設の改良

畜産、漁業の開始

山を切り開くことで、石材、鉱物の入手

粗製金属の入手により道具の加工レベルをアップ

火薬の開発、安定供給

石炭の入手

金属供給、加工技術のレベルアップ

軽工業の基礎となる機械装置の開発のための器具の開発

ここまでで第一世代が全て死亡

都市化が進み、工業らしきものが生まれる

106 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [] 投稿日:2012/02/29(水) 03:59:42.90 ID:PCYAQUNT0

>>105
火薬早すぎない?

http://ja.wikipedia.org/wiki/火薬の歴史

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:12:17.96 ID:SpiBYb+IO

>>106
何も歴史をなぞる必要はない
火薬は知識さえあれば、かなり早い段階で入手できる

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:16:05.78 ID:G9RLJS/w0

>>119
いやいや食料を継続的に入手するのは現代工業力が無いと非常に厳しいよ
まず農薬が使えない時点で農耕は凄まじい難易度に跳ね上がる
殆どの労働力を食料確保に費やし他の事に注ぎ込む余裕は多分残らない

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:00:58.65 ID:SEFaej5M0

知識があっても実現する設備ないからな
設備整えるのに数世代必要だし知識受け継ぐのも全ては不可能
記録するものもなし

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:25:20.41 ID:G9RLJS/w0

また食料を入手出来ても保存も大変なんだよな
最初は陶器すらまともに作れないから原始的な素焼の土器が精一杯
保存食も瓶詰めどころか干物燻製が精一杯
だから常に新しく入手しないとたちまち飢える

http://ja.wikipedia.org/wiki/陶磁器

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:33:34.26 ID:/ty3F+nw0

陶器くらい1カ月もすれば作れるようになるだろ

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 04:41:34.71 ID:G9RLJS/w0

>>124
無理無理
1000度以上の高温に出来る炉が必要だがまず煉瓦を作れないと非常に厳しい
そんなもの作る時間なんてとても取れないよ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:45:47.22 ID:3K5VTdaW0

こう考えると第一次産業と政治と武力がいかに大事かがわかるな

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 01:57:32.68 ID:w0TGVFc9O

こう考えると現代人がいかに無能が分かるなw
過去の人間が作り上げた技術にのっかって贅沢な生活わするが自分じゃ何もできないw
こりゃ日本廃れるわけだわw

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/02/29(水) 02:22:40.13 ID:OO7ipntfO

今僕らが何気なく居るこの場所は、
何千年もかかって作られた人類の結晶なんだね!

すごいや!

文明崩壊 滅亡と存続の命運を分けるもの
一万年の進化爆発 文明が進化を加速した
ナショナル ジオグラフィック〔DVD〕 文明崩壊


2012/02/29 15:00

「if」

 - Uncategorized